[営業]モノづくりの知識を深め、ニーズに合った提案でお客様から信頼される営業マンを目指す。

2021年10月掲載

[営業]モノづくりの知識を深め、ニーズに合った提案でお客様から信頼される営業マンを目指す。

■入社の動機と現在の担当業務
    私は営業職希望で就職活動をしておりました。
有名な車種に搭載されている精密プレス部品を多量生産している日伸工業の技術力の高さに惹かれ、ここであれば自信を持って営業活動が出来ると考えた為、入社を決めました。
    2016年4月の入社後、技術部、製造部の実習を経て、2017年1月より希望していた営業部に配属となりました。以来、様々なお客様を担当しましたが、現在は主に車載電池メーカー様の営業を担当しています。

■入社後の経験
    入社当初はモノづくりに関する理解が浅かった為、しっかりと仕事が出来るのか不安でした。
    しかし、技術部実習にて基本的な技術知識を身に付けることが出来たこと、また製造部実習にて現場の空気に触れて仕事が出来たことで、部品が完成するまでの過程を学べ、不安が払しょくされました。
    営業部に配属後は、自分の取り柄である明るさと前向きな姿勢を活かして、積極的に社内とお客様の架け橋となるべく、営業活動を行いました。

    これまで、お客様から生産能力増強の要望や、製品性能UPの為の形状検討の相談をお聞きし、社内調整を行った結果、お客様から喜びの声を頂くこともありました。
そして、社内で困り事があった際はお客様に誠心誠意、説明することで部品形状の細かい変更や材料変更等、お客様にご理解頂き、沢山助けて頂きました。
人の想いや感謝に直で触れることが出来る、これが営業部で仕事をする魅力であると考えております。
    そして、お客様の様々な部門との打ち合わせを経て、価格交渉のみならず、技術的な交渉、品質的な交渉に関われたことから、幅広く仕事について学ぶ機会となっています。

■近況と今後の課題について
    営業活動を通じて幅広く学んだことで、当社主力部品でもあるリチウムイオン電池部品の生産準備プロジェクトのリーダーに選ばれました。
プロジェクトの中で意識することは、お客様のご要望を満たしながら、当社の生産性も意識し、間に入って相談・提案をする事。また、経験豊富な上司の意見を取り入れ、参考にすることです。安定生産を目指すことが、両社の為になるという信念の下で、現在も活動しています。
    しかし、さらにお客様に喜んで頂く為にはまだまだ勉強が不可欠です。引き続き、たくさん勉強し、知識を深め、今後は資格取得も目指していきたいと考えております。
“石田の言う事なら信用できる”とお客様にも社内の方にも思ってもらえるような営業マンになれるよう、今後とも努めていきたいと思います。

    ここまで仕事の話ばかりでしたが、毎年後輩も入社しており、コミュニケーションもとりやすい会社です。
コロナ禍以前は、仕事終わりにはよく上司や同僚と食事に行きました。
お酒の場では仕事の話だけではなく、プライベートの話もして楽しんでいます。

最後に、読んで頂きありがとうございました。新しい社員を迎え、一緒に食事に行けることを楽しみにしております。

■上司コメント
    営業に配属され4年経過し、数々の新規プロジェクトのリーダーとして確りとメンバーを引っ張り、見事に成功に導いてくれています。配属後は思い通りに物事が進まず、悩みながらも持ち前の明るさと責任感で社内のみならず顧客からの信頼も厚い存在へと大きく成長しました。上司としてもとても頼もしくこれからどれだけ大きくなっていくのか楽しみです。