社員の声 過去掲載分

[技術]プライベートでは一児の母。金型設計に携わり新たなモノを生み出す技術者になりたい。

2021年6月掲載

主な業務内容
   私は新卒入社後、一年目は金型加工課、試作課、品質保証部の研修を受け、後に技術部配属となりました。入社二年目に育児休業を約一年間頂き、三年目に仕事復帰しました。
   現在は、CAD(2D,3D)を用いて金型の部品図の作成やプレス加工のシミュレーションなどを行っており、金型の組立図を一部担うこともあります。試作から量産に移る段階では、出来上がった製品の寸法測定から梱包まで行い、設計だけでなく、そのほか付随する仕事もあり、やりがいを感じながら仕事をしています。

現在の業務
   2020年の2月頃からハイブリッド車のモーターに使われる新規部品にて、金型の設計・シミュレーションから試作品完成まで一連の流れに携わってきました。プレス加工については全く経験がなかったので、日々勉強になることが多かったです。

→続きを読む

[技術]営業から技術部へ部署変更を希望。レベルアップしながら「自分で設備を作りたい」をかなえていきたい。

2021年6月掲載

入社後の業務
   私は大学の理工学部を卒業し2014年入社しました。入社後1年間の現場実習ではラインの半自動設備のメンテナンス業務を担当しました。現場で一緒に業務にあたり、様々なトラブルがありつつも、仲間とコミュニケーションをとりながら設備を安定して稼働することができました。
   最初の配属先は営業部でした。世界最小リチウム二次電池用部品を担当し、新規の製品画像検査装置の導入に携わり、お客様の大幅なコスト削減を実現することができました。
お客様とコミュニケーションをとる機会が多くとても自分のモノづくりの勉強になったこと、そしてお客様の企業よりECO・VC金賞受賞の栄誉を頂くことができました。

技術部へ再配属後の業務
   現場実習~営業部配属と生産設備の立ち上げに携わる中で、「自分でも設備を作りたい」と強く思い、技術部への異動を希望しそれが実現しました。

→続きを読む

【品質管理】挑戦しながら経験を増やし、後輩たちに伝えていきたい。

2020年10月掲載

主な業務内容
私は2017年4月入社後、品質保証部に配属となりました。品質保証部の業務としては、大きく分けるとQC・QA・IATFの3つがあります。その中で私はQC業務を行っております。QC業務とは主に、プレスで生産された製品の外観・寸法を確認し、お客様に不良品が納入されない様に管理する重要な役目を担当しています。

~略語解説~
QC:Quality Control
QA:Quality Assurance 品質保証
IATF:(国際自動車産業特別委員会)16949⇒品質マネジメントシステム

経験
入社してから現在に至るまでに、たくさんの貴重な経験をさせていただきました。今までに私が経験した事で一番印象に残っている事について紹介します。それは国内3工場、海外4工場の小集団活動成果発表会で10グループの中で金賞を獲得し、社外の発表会代表として出場したことです。

→続きを読む

[経営管理] 海外赴任を経て、多面的な視点から会社に貢献できる人材になりたい。

2020年4月掲載

● 主な業務内容
私は本社・大津工場に入社後、経営管理部(当時、経理部)に配属となりました。初めは、基礎的な経理業務から親切に教えていただきながら、アメリカ拠点の経理部門と本社を繋ぐための窓口を担当しました。約10年間、日本で経営管理部に所属したのち、現在はシンガポール・インドネシアに赴任し、経営管理部門を中心に業務に励んでいます。具体的には、本社と現地を繋ぐ役割を担い、資金管理、利益管理、日次業務の確認等をローカルスタッフと協力しながら行っています。

● 3つの経験
入社から現在に至るまでに、たくさんの貴重な経験をさせていただきましたので、ここでは3つの経験をご紹介します。

1つ目は、現在の海外赴任に至るまでに、経営管理部として約10回の海外出張をさせていただけたことです。初めての海外出張は入社5年目でのアメリカ行き1週間でした。その一年後に再度アメリカへ約3ヶ月の出張。それまで、海外に対して消極的だった自分がこの2回の出張の中で、同じ日伸グループで働く海外の方々と実際に対面で接し、現地の言葉ができなくとも一緒になって仕事をしたことで、海外への興味が非常に強くなる分岐点となりました。
→続きを読む

[技術部] ”人”のための技術・設備を生み出せる技術者を目指して

2019年10月掲載

■入社後の業務

私は入社後、技術部の各職場と品質保証部で研修を行い、今の技術課に配属となりました。技術課では金型の設計開発を行っていますが、現在私は、製造工程をより効率的にしていく為に、新しい技術を社内に取り入れる仕事をしています。具体的には、画像検査の導入などに取り組んでいます。

■現在の業務

配属当初は主に画像検査のテストなどに関わっていましたが、最近では検査方法の検討や装置の部品図面の作成なども行っています。また、簡単な手動検査装置について検査方法を考えるところから装置の設計・組立までを行ったこともあります。手動検査装置なので、部品の角で手を怪我しないように、スムーズに作業が出来るように等、自分なりに作業者の方の事を考えながら設計を行いました。分からない事がたくさんある中、色々な方にご協力頂きながら何とか完成させることが出来、運用が始まった時はやはり達成感を感じました。ただ同時に、「もう少しこうすれば良かったかなぁ」と思う点も多く、今後に生かしていきたいと思っています。

→続きを読む

[品質保証部] より広い視野で「ものづくり」の流れを読み取り、品質の向上を目指します。

2019年4月掲載

■入社後の業務

私は2016年に入社後、いくつかの部署で研修を行い、現在の品質保証部へ配属となりました。主な業務としては製品の測定検査を行っていました。測定検査を行うものは量産化している製品が主であり、それぞれにおいてどの箇所が重要であるかを意識して検査することで製品への関心や知識を得ることができ非常に勉強になりました。

■複数の部署を経験して

現在は品質保証部での業務を行っていますが、研修期間中は技術部や金型加工課、試作課や製造部など様々な部署での業務を経験しました。技術部では製品の生産を行うための金型設計を行っており、金型加工課では設計した金型の製作、試作課ではその金型で試作品の作成が行われます。

→続きを読む

[工場技術]海外工場の現場で最も重要だったコミュニケーションのバランスを常に意識し、現場の改善に取り組んでいく。

2018年10月掲載

1.入社後の業務内容
私は2013年度に入社後、研修を経て開発技術部に配属となりました。業務としては金型設計で、設備変更に合わせて金型を設計変更するというものです。その際、設備仕様に合わせての変更だけでなく、現行金型の問題点改善も盛り込む事を必要とします。製図は学生の頃に学んでいましたが、機械設計とはまた異なった金型設計の奥深さを感じました。

2.インドネシア工場赴任
開発技術部でのスタートを切って半年後、入社3年目のタイミングでインドネシアのバタム工場に技術担当として赴任しました。技術としては半年分の知識しか無い私はとまどいもありつつ、前任の方の下で指導を受けながら全力で業務に取り組みました。
赴任当初は言葉の壁だけでなく、私自身の経験と知識が少ないこともあり、現地人スタッフとのコミュニケーションや改善業務等も思うようにならない部分が多く、苦しい状況でした。
しかし前任の方を始め現地駐在の先輩方、日本の工場の方々にご指導頂き、彼らの抱えている問題に取り組んでいく中で徐々に信頼を得て、彼らが様々な事を教えてくれるようになりました。徐々に私からの要望にも応えてくれるようになり、言語の面でも、彼らの冗談も分かるようになり笑い合える場面が増えていくことで、円滑に業務を遂行できるようになりました。
→続きを読む

[試作]今までなかったものを形にする。日伸のプロフェッショナルチームで奮闘中です。

2018年4月掲載

1.主な業務内容
私は入社後、現場実習を経て現在の技術部試作課に所属しています。
試作課の仕事は簡単に言えば設計され加工された金型を組付け、製品を量産できる状態に仕上げる事です。組付けるだけなら簡単と思うかもしれませんが、私たちが作っている製品は0.01mm単位で寸法調整しなくてはいけない、とても細かい作業をしているのです。
私は試作課とは今までに無いものを形にしていく『日伸のプロフェッショナルチーム』と思い、仕事をしています。

2.過去の経験
入社して8年目になりますが、私がこれまで国内・海外合わせて10品種以上の製品に世界最小リチウムイオン電池のケースをはじめ、関西モノづくり新撰に選ばれている4品種の内3品種。現在も新技術を使った製品製作に携わっています。
→続きを読む

[品質管理]技術部門で培った知識や経験を活かし、積極的に他部門とのコミュニケーションを図り、会社の品質向上に貢献していきたい。

2017年10月掲載

1.主な業務内容

私は入社後、製造技術部にて、製造現場で使用される金型や設備の改善活動を主に行っておりました。具体的には、量産された製品で発生する不良品の解析、不良原因の調査等を行い、金型や設備の改善を行うことで安定したものづくりを目指す仕事です。
2014年7月からは品質保証部へ異動となりました。品質保証部では、お客様との窓口業務、各種計測機器を駆使した製品の評価を行ったり、計測機器の操作方法や外観検査の手順書作成等を行っています。また、時に発生するクレームに関しても即時対応を心掛けています。

2.品質保証

品質保証部は、工場全体の中でも品質に関して最後の防波堤になる重要な部署となります。工場で作られた製品が良品であるかを的確に判断し、良品のみをお客様に届ける事が必要です。我々が不良のあるなしを見抜けなければ、お客様へ多大なご迷惑がかかってしまいます。
→続きを読む